ななっちふくちジュニア

ななっちふくちジュニアアイスホッケー クラブ

町で支えるちびっこアイスホッケーチーム

八戸市からすぐ隣町の南部町。田んぼの真ん中にあるふくちアイスアリーナにはちびっこたちの元気な声が響き渡ります。就学前の小さな子供から小学6年生までの子供たちが在籍するななっちふくちジュニア。A、B、Cの3つのクラスに分かれて、それぞれのコーチ陣が熱心に指導してくれています。

この地域では珍しい夜の練習なので、急いで宿題を終わらせた子供達が開始1時間前から徐々に集まります。着替えると整氷車がリンクを回るのをじっと待ち、終わった途端に我先にリンクに飛び出すのです。それを知っているふくちアイスアリーナの方々も、できるだけ早く、時には30分も前には作業してくれます。

そのリンクサイドでは仕事終わりの親御さんが走り回る子供達を見守ります。少しでも多く我が子を滑らせてあげるため、できるだけ早く支度して、バタバタとリンクに向かいます。時には辛い時もありますが、仕事の疲れを癒してくれるのは、一生懸命に練習に励む子供が少しづつ成長していく姿なのです。

ななっちふくちジュニア

ななっちふくちジュニア

子供達にもっと練習をさせてあげたい

子供達が練習できる時間は、チームの経済状況で変わってきます。そのほとんどはチームの会費で賄いますので、会員数が少なくなると急に財政難になってしまうのが現状です。

昨今の少子化、人口減少は地方になればなるほど顕著で、この地域も例外ではありません。毎年チームの人数を減らさない努力を、関係者や親御さんがして、ボーダーラインギリギリの人数で保っている状況です。

予算が少なくなると削らなければならないのは練習回数です。1時間から1時間半の練習を週に2回から3回行います。子供達は1時間でも多く氷に乗りたいですし、多く滑った子供の方がやはり上達もしていきます。限りある予算でやりくりをしながら、毎月リンクの練習の割り振りに頭を悩ましているのが現状です。

ななっちふくちジュニア

ななっちふくちジュニア

チームの最新情報

チームの詳細
チーム名 ななっちふくちジュニアアイスホッケークラブ
拠点 ふくちアイスアリーナ
理念・スローガン
創立
実績
運営団体・責任者 一般社団法人総合型クラブななっち
その他・特記事項
サイト http://fukuchi-jr.wixsite.com/fukuchi-jr

支援はこちらへ

クラブチーム支援サイトSee-enでは、一口500円(月額)からの支援ができます。「このチームを応援したい!」と思われる方はどうぞよろしくお願いします。
企業様の支援は10口からになります。チームによっての特典(スポンサー名の表示など)もございます。

ご支援をよろしくお願いします

1口毎月500円から支援する
個人の方はこちらから

10口毎月5000円支援する
10口:チームグッズ贈呈(個人可)

20口毎月10000円支援する
20口:ヘルメット等へ企業ロゴ表示(小)

40口毎月20000円支援する
40口以上:ヘルメット等へ企業ロゴ表示(大)

年払いで支援する
年払いをご希望の方はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。